できないのはあなたのせいじゃない

個人的におすすめする読者層の方は

経済評論家の勝間和代さんの本です。一読しても良いんじゃないかと思うのは私と同じくちょっと行き詰っている方でしょうか。

私と一緒で、行動に移すのが非常に苦手な方はきっかけの一つとして読んでも良いのでは?自分の感じている

会社でのモヤモヤ、納得いかなさなどを勝間さんの明快な言葉で表現されていて「なるほど」と思える事があるのでは

ないでしょうか。実は今回二回目の読破なのですが、ある意味youtubeで有名な「お金の大学」を視聴している方なんかも

読んだら、「学長と同じこと言ってはる」と再度確認も込めて良いかもしれません。

お金の大学とは?

IT企業経営者・投資家である両学長が運営する、Webコンテンツの総称です

本を読んでもすぐに忘れる

日常、最近本を読む冊数は減ってはいますが、ちょこちょこ読み続けてはいます。自分を変えたいきっかけの一つとして

ブログを始めてみたのも「お金の大学」を視聴し始めたのがきっかけです。「できないのはあなたのせいじゃない」を

読んだのは精力的に「お金の大学」を視聴する前の時。去年の秋頃、丁度一年前です。その時も「は~」と感銘を受けた筈なんですね。

買ってよかったなぁ、って思った記憶はあるので。ところがそれだけで止まってしまっていました。情けない事に。

そして、ちょこちょこ「お金の大学」の話を読んで、youtubeで見てみようと思って精力的に見だしたのが

病院を退院した3月から。だいぶん視聴は進んだと思います。そして迎えた10月。何となく改めて読み直したとき。

違う意味で衝撃を受けたのが

自分
自分

あれ?「お金の大学」の動画と同じ事を言ってはる・・・・??

順番が逆なんですね。先に読んだはずの勝間さんの本の事を私は動画を視聴している時に、思い出さなかったのです。

動画を見て思ったのは、「色々なところで、こういう話も耳にするよなぁ」くらいなもので。

何故なのか?改めて考えました。

繰り返し繰り返し触れる事の大切さ

正直、勝間さんのような方がゴロゴロいるような会社に勤めていたら、収入もかなりあるだろうし、仕事も忙しく

今とは到底違い過ぎる生活だと思います。

周りを見渡しても全く、副業にチャレンジしたり、思わず一目置くような人は皆無と言っても良い状況で働いているので

考え方や意識をもって生きてみようと思っても、記憶にとどめる事がかなり難しいのだと悟りました。要するに周りに

安易に流されてしまうという事です。違う考え方に感銘を受けても現実がまるで違い過ぎると脳みそは保守的なんだそうで

元に戻ろうとするのでしょう。ところが、動画を見た後、実行できているかは置いといて(笑)本を読んだ時に

「これ、動画で言ってたことと一緒」と反応は出来ました。つまり覚えていたのですね。何故なのか?それはほぼ毎日動画を見て

その考え方に触れていたからだと気づきました。本と動画という差はありますが、やはり繰り返し繰り返し触れる事で

自分の中に少しづつでも浸透させることが出来るのでは、と思った次第です。

時間は凄くかかるので、やはり周りの環境を変えたり、果敢に行動を起こして常に意識させないと自分がどうありたいか

見失ってしまうと思い知らされた2回目の読破でした。

本文にある

自分
自分

日常を0.2%変化させてみる

を意識します。これ、結構難しいですよね。ボーっとしてると何も感じないので(笑)

目標達成ならず!!

今月三冊読もうと思っていたのですが結局1.7冊分くらいでしたね。達成ならず。もう少し段取りを考え直します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.