セロトニン的幸福の為に耳鼻科に行く2

一週間たって

くまごろう
くまごろう

鼻詰まりの頻度が減ってる!

これは確かに事実です。なんとビックリ。もらった薬を調べてみれば、鼻づまりに効く薬が最近出てきているのですね。

驚きました。以前もらった事のある薬は軒並み鼻水とクシャミには有効だけれども、鼻づまりには有効ではない。

それは以前から知っていましたが、それにしても今やネットでここまではっきり書かれているのを見ると、何故医者とは

耳鼻科
耳鼻科

鼻づまりに対して有効な薬は無い

と、私が通っていた時に言えないのでしょうかね。ただただ不信感しか持たないではないか。お陰でコールタイジンが

愛用の点鼻薬になってたわ!と思いました。ご存じかもしれませんがコールタイジンは血管収縮剤の入った点鼻薬です。

よって余り使い過ぎると薬剤性鼻炎などを引き起こす厄介な点鼻薬です。が、

鼻づまり歴30年。ステロイド点鼻薬も使ってきましたが、通る事のなかなかない鼻が通って眠れることが出来たのは事実です。

科学は進化する

私が処方されたのは「ルパフィン」という薬です。

くまごろう
くまごろう

ルパフィン?聞いたことないなぁ。

2017年に発売された薬だそうで。比較的まだ新しいですね。

よってジェネリックは無い、と薬局で言われました。が、この薬が出された薬の中で鼻づまりに効いているのでしょう。

私はだいたい睡眠時間は0時~5時45分ですが、鼻づまりで目覚める回数が減ってきました。この季節にこんな奇跡は

起きないよ!ととりあえず感激しました。もう実は11月くらいから連日鼻づまりで起きては点鼻薬をさすのが日常でしたから。

私の場合30年待った、とも言えますがやはり科学は進歩しているという事なんですね。

何軒耳鼻科に行って色々治療してきました。例えば

  • レーザー治療

私の時代とはだいぶん変わってきているようですね。血は普通に出たし、痛かったし。これで楽になれる!と我慢しましたが。

その後粘膜が腫れて、息が全くできず。眠る事もまともに出来ず。食べても味もろくに分からないし、本当に苦痛でした。

我慢したのは楽になれるから!そう信じていましたが、粘膜の腫れは治っても鼻詰まりの状態はほぼ変わらず。

怒りしか湧いてきませんでしたね。いまだに手術した時、家に帰ったら母親が大好物の麻婆豆腐を作ってくれていて

それを味も分からず悔しい思いをして食べた事が鮮やかに

思い出されます(笑)

  • 減感作療法

これもやってみましたが、苦しみの根本である鼻づまりには効果を感じず。

もう何やっても無理なんじゃないか?と思って今度は漢方薬を出せる先生がいる耳鼻科に行ってみました。

しかし、大して特に効果も感じず現在に至るという訳です。苦節30年と言ったところでしょうか。

しかし、知らない間に多少でも鼻づまりに効く薬が出ていたとは!ありがたい事です。

結構眠くなります

そのまんまですが、私の場合眠くなってます。かなり前にセレスタミン錠と言うのも飲んでましたがあれも眠くなった

タイプです。近頃は耳鼻科にもいかず、アレグラをひたすら飲んでいただけだったので、眠気と言う概念を

コロッと忘れていましたが、久々眠くなりました。おまけに5日間限定でベタメタゾン錠と言う薬も出ていたので

私には更に眠気がパワーアップしたようで、飲んだらボーっとしてきてだるくなりました。人にもよりますが

眠気を感じる自覚のある方は要注意です。鼻詰まりは楽になりたいけど、眠くなるのは困りますね。

今の所、症状は徐々に改善しつつあるが頭打ち感もある。と言うのが一週間過ぎた状態の感想です。

苦節30年。そう簡単にはいかないようで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.