入院から手術まで1⃣

入院当日

入院は大体午後から指定されると思います。私も午後一時に病院へ入ることになりました。

持ち物はすべて用意して、入院セットなるものは一切使いませんでした。

入院セットを参考にドラッグストアなどで買ったり、容器に移し替えたりして細々用意はしました。

持ち物はおおよそ想像はつくと思いますが、入院セットを使わないで自力で持っていこうという方に

参考にしていただければと思うものを以下に上げます。

  • バスタオル

市民病院では、お風呂には希望する人が開いてる時間に名前を記入してその時間にお風呂の予約を取る。

そのような方式でした。

しかも日曜日は利用できない。家のお風呂でもないのでゆっくりしてられる訳でもない。

よって私の場合は1枚あれば十分でした。(一週間のうち、手術後3日は入れず。日曜日が1回含まれていました)

ただ、入院当日つまり手術前日午後から病院に入ると突然

看護士
看護士

シャワーして下さい

                                              と、告げられました。

くまごろう
くまごろう

何故、今はシャワーしないといけない訳ですか??

看護士
看護士

午前中に入っておいてくださいと言われなかったですか?

                                          と今更言われてしまいました。

そう、全くそんな話は聞いていませんでした。その後も一事が万事そんな事が頻発しました。

病院にも本当によりますが、私が入院した市民病院の看護師は正直仕事人としては失格な方が多かった。

手術当日も生きて帰れるのか恐怖さえ覚える事も正直あったくらいです。

入院前にお風呂の段取りも確認した方が荷物は軽くなると思います。

  • 耳栓

これも私のように一般病棟に入院した方ならいるかもという物です。

個室に入れる方はいいのですが(あの時は心から羨ましかったです)非常にうるさいんですね、特に夜。

ここまでとは思いませんでした。しかも運が悪いことにお手洗いが近かった・・・。よって付き添いの看護師と

隣の病室の患者さんなどが何度もトイレに来てバタンバタン音を言わすので、かなり眠れなかったです。

就寝は10時で早いのにまともに眠れない。音対策も考えてもいいと思います。

  • 食べ物

これも個人の好みによりますが。食べ物の制限のない方はちょっとした自分の好物のお菓子とか

飲み物なんかもあっても良いかもしれません。市民病院はとにかくご飯が私の口には合わず

大変苦痛でした。食べることが好きな人間としては心の拠り所が無いんですね。

特にやる事もないのに。1階にコンビニはありましたが、自分の好きなものがあるとは限らないので

ちょっとした物があれば救いになるかもしれません。

  • パソコン等

要は暇つぶしです。私は当初勉強でもしようかと思っていましたが、ものを書いたりできる状況でもない、

おまけにそんな気分でもなかったです。読もうと思っていた本を3冊持っていきましたが

結局読んだのはお気に入りで何度も読んだ軽い小説でした。手術後は当然熱も出た状態ですし

体はだるいし、暇ですが何もする気にならない状態です。よって動画とかを見る方は楽でいいと思います。

市民病院ではWiFiがあったので(これも入院してから知りました)パソコンを持ってきている方も

多かったので、入院される病院によってはスマホ以外のデバイスもありじゃないでしょうか。

その方が動画やニュースも見やすいと思います。イヤホンも自前の物の方がつけやすいので

持っていくのがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.