手術後の体力の回復について

運動習慣がある場合

私の場合、週に2~3日約7㎞程のランニングの習慣がありました。ゆるく筋トレを行い、やっとスピードが

上がってきたのが、なんと手術前。そして退院後一か月は当然ランニングできません。散歩はすれど走る事は

出来ず。そして運命の退院後一か月の診察を経て、ぼちぼち体を動かしても良いと言われたので、短くても良いから

走ってみよう、そう思って走ってみました。結果はとにかくしんどかった・・・・・。体はノッてくる事も無く

ゼイゼイ言いながら、スタートからゴールまで、ひたすらゼイゼイ走りました。距離は何とか5kmは走れましたが

一番ショックだったのが平均速度でした。

        手術後      手術前

平均速度    7.9km毎時    9.6km毎時      

体感的にも遅くなった。そうは思っていましたが、ここまで露骨に数字に出るととてもショックでした。

その後も細々ランニングしに行っては、撃沈されて帰ってきました。何故かやたらに左わき腹が

痛くなりやすかったのが、謎です。ホームページで調べてみましたが、特別食事の後すぐに走ってる訳では

なかったし、そもそも以前と変わらない生活パターンで行動していましたから、ますます謎でした。

結果的にいつタイムが戻ったか

結局以前の平均時速とほぼ同等の状態に戻った!と体感的に思えたのは、なんと6月に入ってからでした。そう、退院後

一か月の診察が終わってから、3か月もかかったのです。4か月目に入ってようやく以前と同じ距離を走ることが

出来るようになり、少し安心した気持ちになりました。3か月の間は筋トレはあまりせず、ストレッチと基本的には

最低週に1回はランニングをする事、というゆるいルールで行っていました。あまり前と同等にすると

うまく出来ない事に自分が落ち込んでしまうと思ったので。

腹腔鏡手術を行った後の体力の回復

改めて腹腔鏡手術は傷が少なく、直ぐに退院出来て復帰も早い。そう説明されると思うし、実際そう出来ました。一週間で

退院し、その2日後には職場復帰が可能でしたから。しかし落ちた体力は早々に戻る訳では無い、そこは勘違いしないで

欲しいと思います。私は特にランニングの習慣がありましたから、露骨にタイムの差などを見せつけられて

かなり落ち込みましたし、5月くらいには以前のような状態に本当に戻れるんだろうか、私は大丈夫なんだろうか、と

何度も不安になりました。退院後の事は余り説明されないと思います。病院側としては日にち薬という扱いなんでしょう。

でも患者にしたら、退院後の人生の方が当たり前ですけれど長いんです。元に戻れないかもなどと不安になる日々が続くのは

やはりとても辛いです。忘れて欲しくないのがどんなに傷が少なく負担が少ないと説明されても手術をすれば体力は必ず

落ちます。スポーツジムとかに行ってトレーナーの方にメニューとか組んでもらえばもっと早くに体力を

戻せるのかもしれませんが、基本日にち薬として日々を乗り切る方が大半だと思います。体にメスを入れる、

それはとても体に負担なんです。今は、正直連日の暑さであの時と同じくらいにバテててますが、体調、心理面含め

総合的に落ち着いてくるのは手術をしたのが2月であることから考えると半年経った頃つまり8月、今くらいでは

ないでしょうか。これから、今後私も婦人科を受診しようと準備しています。決して手術した後思うように体が

動かなくても焦らないで、無理をしないでほしいと願っています。日々、過ごしているだけで本当に皆頑張っていると

思うからです。病気になって本当にショックで手術してまた体に負担をかけたのです。労わってあげて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.