火災保険の見直しに挑戦!①

リベシティに入ってもう4か月目。お世辞にもうまく利用して生活が変わった!とか人生輝きだした!とかは

全くありませんが。ワハハ。しかし家計見直しセミナーが実施されています。それに対して

私は比較的元々やってる方だと思っていたので、軽~くしか考えていなかったのですが。

これがビックリ。見直しの余地結構大有りでした(笑)何って、見出しの通り火災保険です。

世間知らずを認識して衝撃

私は実家暮らしをしているので、いまいち火災保険については正直自分事になっていませんでした。

家にお金は入れていても、それで私の事は完了しているといったような。要するに

くまごろう
くまごろう

全く知りませんでした!すいません!💦

まずやった事は

  • 「お金の大学」における火災保険関連の動画を見る

まず、こんなに賃貸と戸建ての火災保険の額の違いにビックリ一年契約で賃貸なら1万円代もありなのに 戸建てだと

4万円代とか以上になるの!?こんなに違うの!!この辺で自分の無知と、今後老後の人生どこに住むかを改めて

考え直そうと誓いました。戸建ては老朽化するとランニングコストが凄いですからねぇ。

築26年ですからうちの家もぼちぼち色々ガタが来ているのです。トホホ。

独身者である事から考えると、老後に戸建てを修理する事の金銭的負担と賃貸に移った時の家賃とのバランスが考えどころでしょうか。

  • 自分が住んでいる所のハザードマップのチェック

結構最近やたらに災害が多いので、不安だけがあおられるのですが、冷静に考えた時に一体うちの家はどの様な危険の

ある地域に住んでいるのか、ハッキリ認識しようと調べてみました。そうすると以外に危険地域からは外れているのですね。

そう思えばかなりかけ過ぎてるのでは??と自分で認識できるようになってきました。わりとハザードマップを見て

現状認識するのって良いな、と思ったのでこれはおすすめです。

  • 地震保険の落としどころ

今年は年明け早々に能登半島沖の地震がありましたね。被災地の方の日々の大変な暮らしの事が報道されるたびに

色々考えさせられます。勿論、地震保険なんかもその候補に入ってるのではないでしょうか。うちは元々地震保険には

加入している家でした。先ほどのハザードマップの所でも書きましたが、南海トラフ地震など起きたと想定される場合

自分の地域がどの程度の震度と予想されるのか?液状化は?近くに断層はあるのか??等々分かります。

後、地震保険のポイントは火災保険でかけている金額の最大半分までしかかけられない事。当然築年数が経っている

家の保険金額は低くなるので、その半分の金額となれば、人によっては

くまごろう
くまごろう

貯蓄があるし、わざわざ入る必要ないんじゃないか??

と、考える方がいても不思議はないです。保険とは自分の貯蓄ではカバーしきれない所を補ってもらうものなんで

地震保険は、家の立地の条件と、貯蓄の有無により入るか入らないかは変わると思います。

うちは残念ながら断層が思いの外近くにあったので、やはり入る事にしました、高いけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.