火災保険の見直しに挑戦!②

やってみた事は他にもあります。

  • 試しにいくつかの火災保険のサイトで見積もりを取ってみる

ネットで調べてみた損保会社の火災保険の見積もりを簡易でもいいのでいくつか見積もりをとってみました。

そうすると築年数が古いと、そもそも受け付けてもらえない。住宅は保険かけれないけど家財なら良いですよ、とか

色々なパターンがある事が判明。

くまごろう
くまごろう

古いって扱い悪いですね💧

  • 火災保険の見直し一括サイトKURABELでオンライン見積もりをやってみる

これを知ったのは私の場合リベシティでおすすすめと書いてあったからです。最初見積もり画面でオンライン面談と

書かれていてかなりビビりました。何せ私はテレワークする職種ではない。(小売業に勤めてます)パソコンアレルギーでは

無いけれど、やった事ないのでかなりビビりました。オンライン見積もりを出すと割とすぐにメールで返信が来て

面談希望日を聞いてきます。そのやり取りをすると、何を使ってオンライン面談??と思っていたらZOOMでした。

メールにアドレスを添付されますので、そこにアクセスすれば割とすぐにつながりました。

これが人生初のZOOM使用でしたが、すぐに出来ましたのでやった事ない方もそこは大丈夫と思います。

KURABELを使っての私の感想

注意してほしい事

①相手はあくまでもFPである事。自分に対しての最善を必ずすすめてくるとは限らないという事です。無料で相談できるという事は

損保会社から紹介料をもらっているという事。そう思って話を聞いた方が良いです。私も契約はしましたが後で

くまごろう
くまごろう

もう少しここを突っ込んで聞けばよかった・・・・・

と思い返せば後悔するところがあります。何故その保険会社なのか??そこ以外なら

どうなのか??私の場合、初めてすぎて、浮足立っていたので元々の保険料より安くなったのでそこの所を全く疑うことなく

聞き流したりしてしまった事です。

②ある程度勉強しなければ、相手が一から十まで説明してくれる訳ではありません。私も送られてきたパンフレットを見て

くまごろう
くまごろう

え、これどういう意味??保険金額ちゃんと出るの??

不安になってメールで問い合わせたりしました。が、結構丁寧に自分の疑問を聞いているつもりが相手に伝わらなくて

やりとりが長引いたりしました。そもそも勉強しなければ、ある程度相手に質問したり補償額の妥当性を尋ねる事も

出来ません。相手はそこまで丁寧ではない。自分で防衛しなければ確かに今までの保険金額よりは安くなるかもしれませんが

やはり要らない保険を付けられてしまう危険性も大有りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.