火災保険の見直しに挑戦!③

納得と妥協の間

  • 保険の開始日、解約については落ち着いて、ゆとりをもって設定した方が良い

火災保険の現契約が生きている場合、当たり前ですが、残りは解約返納金として手続きすれば戻ってきます。

私は言われるがままに、開始日をその面談後すぐ1週間程の日付にしてしまいましたが、その後パンフレットを読んだりして

問い合わせたりすると結構短めの日付で設定されると、不完全燃焼のまま契約する事になるのですね。

もしくは遅れれば未保険の期間が存在する事になってしまいます。月の前半になっていればもうその月の分は

戻ってきませんから、月の中旬でもない限り、余りオンライン面談後すぐに保険開始日を設定するのはやめた方が良いと思います。

前にも書いた通り、相手は懇切丁寧に一から十まで説明してくれません。疑問が発生した時に余裕があるように

日付を設定されることを強くおすすめします。

  • 別の第三者に疑問を聞ける場所があれば尚良い

イマイチKURABELのFPの説明に納得できなかった部分がありましたので、ネットで調べましたが、FPの回答通りの

記事とそうではない記事が見つかり自分で判断するのに限界を感じました。そこで

くまごろう
くまごろう

私、リベシティに入会してるじゃないか!!

という訳で、リベシティにおいては「保険見直しチャット」というものがありまして

そこで、勇気を出して自分の疑問をぶつけてみて、FPの方から返答をもらうことが出来ました。

そこで返答を得て初めてある程度この保険内容なら、まぁこの金額ならば多少もう少し調べれば2,000円くらいの

違いはあるかもしれないがおおよそ妥協できる値段と思える、と自分で納得出来ました。

  • 保険開始日の段取りを何度も確認すべし

オンラインでの説明で私は保険会社にクレジットカードを登録すれば、手続きが始まるものと勘違いしていましたが

実際はその後もう一度、登録したことをFPに連絡を入れて初めて手続き開始になるという段取りだったのです。

そうのような勘違いに対して何も当然言ってくることはありません。結局自分で問い合わせて初めて分かります。

よって口約束的な説明で聞き間違いなど非常に生じやすいです。前にも書きましたが

くまごろう
くまごろう

保険の開始日と保険の解約はゆとりを持った日付に

する事!!

これを強く強くおすすめします。確認する事が結構発生するので。

やり終えて

納得いったところもありますが、やはりやった事の無い事をすると色々とストレスってありますね(笑)

それでもやった甲斐はあると思います。見直すことによって安くなったのは間違いないので。

皆さんも一度自分の身の回りを整理してみる事はおすすめです。安くなるのはやはり

くまごろう
くまごろう

とても嬉しい❤️❤️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.