独身、入院する

卵巣嚢腫とは?

専門家ではないので、主治医に説明してもらった内容とその時もらった印刷物より引用します。

卵巣嚢腫とは卵巣に発生した腫瘍のこと。大きいものでは30センチくらいになるものもあるのだとか。

卵巣嚢腫は腫瘍の中に何が溜まっているかで、4つに分類されます。

卵巣嚢腫の種類
  • 粘液性嚢腫        ドロドロした液体が溜まる卵巣嚢腫
  • 漿液性嚢腫        サラサラした液体が溜まる卵巣嚢腫
  • 皮様嚢腫         毛髪や歯などを含んだドロドロした塊が溜まる卵巣嚢腫
  • 卵巣チョコレート嚢腫   子宮内膜症の一つ。本来子宮の中にだけあるはずの子宮内膜が卵巣に発生し増殖を
  •              繰り返す事で出来る卵巣嚢腫

90パーセントが良性といわれるそうですが、10パーセントは悪性でもあるそうです。

ここの比率を見て90パーセントに安心したり、不安になったり結構しんどかったです。

結局私は、腹腔鏡手術で左付属器摘出術を行い、病理検査の結果粘液性腺腫 良性でした。

入院するという事

40代になれば、親が入院したりすることもありました。よって雰囲気は知っていた。

しかし、いざ自分が入院する。しかも全身麻酔で腹腔鏡手術といえど、腹を切られる。

ゾッとしました。入院説明を受けたとき、

看護士
看護士

出産経験も無かったら初めてですよね。それは不安ですよね。

と言われ、愕然としました。

くまごろう
くまごろう

そうか!!出産している人は(当たり前だけど)入院しているのか!!

普通余程でなければ、入院なんかしない!冗談じゃない!と考えていましたが、めでたい理由とは言え

妊娠出産も入院経験になります。自分自身知ってるようで、知らない。不安だけが増しました。

入院する病院について

町医者から市民病院か民間の病院かで紹介状を書いてもらうとき、勿論症例数も意識しました。

が、最終的には単純に車で行きやすい、という理由で市民病院にしました。

実際車で15分。通院時は何も思いませんでした。しかし、入院時は車が使えません。自分が入院するので。

しかもタクシー使う以外に電車しかない。手術するのにお金がかかると思えば電車しかない。

電車となると市民病院の方が電車の連絡が不便であったこと。

特に実家の親や兄弟に送ってもらえるとかそういう事もなければ、たった一人で入院荷物を

持っていかねばなりません。後々の事も考えると、民間の病院の方が私の場合は良かったかもしれないとも

思っています。それについてはまた後日に書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.