e-taxで還付申告してみる③

因みに還付金振り込まれてました

なんとか還付申告を完了して、ほぼひと月くらいしたら、銀行口座に振り込まれてました。

私は楽天銀行を指定口座にしましたが、ちゃんとそこに振り込まれていました。病気になったのは

嬉しくない事ですが、申告をすれば、確かに少なからず還付されます。ありがたい事です。

それ程難しくなかったので、会社員の皆さま

くまごろう
くまごろう

残念ながら病気しちゃった時は、領収書を残して還付申告しましょう!

初めて人間が分かりにくかった点

  • 「医療費のお知らせ」の使い方

私のパソコンにはExcelが入っていません。

くまごろう
くまごろう

Googleのスプレッドシートがあるから良いであろう🎶

とか何とか思っていたら、こんな時にちょっと不便。何せ確定申告書等作成コーナーにある

医療費集計フォームのはExcelファイルだからです。色々方法はあるかもしれないが、とりあえずビギナーとしては

手動で打ち込むことにしました。基本それ程タイピングがめちゃくちゃ遅い訳でもないのと、

今回はヘタな事をして出来ないと困るので、確実な方を選びました。

その際、「医療費のお知らせ」とレシートの取り扱いです。

にらめっこしたら、同じ日の計上分なのに金額が違うものがチラホラあるのですね。

どちらの金額を使っても良いそうなので当たり前の話ですが、高い方を使いました。

「医療費のお知らせ」をレシートの代わりとして使う事も可能だそうで、

レシートのあるもの→レシートの金額

レシートのないもの→「医療費のお知らせ」に載っている金額

で集計。

入力方法の選択で【「医療通知(「医療費のお知らせ」など)、「領収書」、「医療費集計フォーム」から入力する】を選んで

次に出てくる

【医療費通知に記載された医療費の入力】画面で

A:通知に記載された医療費の合計額

これには、レーシーとの無い分を合計して記入。

B:Aのうち令和〇年度中に実際に支払った医療費の合計額

ここに記入する分も結局レシートが無いため、「医療費のお知らせ」の金額をそのまま使うので

Aと同じ金額を記入。

C:Bのうち生命保険や社会保険などで補填される金額

補填された場合はここで記入。

これでレシートの無い分は記入が終了。後はレシートのある分に対して

入力方法の選択画面に戻って

【領収書から入力する】を選んで、集計したデータを入力しました。

くまごろう
くまごろう

「医療費のお知らせ」の入力の仕方が正しいのか??

確認したかったのですが、HPを調べても自分に合ったものが見つけられず。考えて上記のようにして提出しました。

税務署から確認されなかったので、この様な入力の仕方で問題はないようです。

後はパソコンビギナーでも大丈夫!

ここを除けば、基本誘導に沿ってやれば無事にe-taxで提出することが出来て、還付していただけました。

ありがたい。後は国税庁のyoutubeの動画をみてやれば私でも出来ましたので、必要になってしまった方は

レッツチャレンジ。まぁ

くまごろう
くまごろう

仕方ないとはいえ、こういう控除の世話にならないように健康でいたいですよね!

やってみて一番に思う事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.